服部のサービス日記

服部のサービス日記

【はじめました】

はじめまして、保守サービス担当のハットリと申します。
 
これから日々の仕事の中での出来事や発見を書き綴って参りたいと思っております。
 
ご覧頂いた方にとって、何かのお役に立つことが出来れば幸いです。

【 証明写真 】

先日、お客様よりデジタルカメラで撮影したデータで証明写真を印刷したいとの依頼。
自身も資格証などの写真は自宅のインクジェットプリンターで写真を自作プリントした記憶がありますが、DTPソフトでの作成はサイズ調整などの作業があり面倒だと感じておりました…
そこで、簡単で手軽に証明写真作成ソフトをご紹介します。 
 
FreeDPE ←クリックするとページへ
デジカメやスマートフォンで撮影した画像を、証明写真に加工するフリーソフト、アプリを公開しています
 
使用してみましたが、使い方は超カンタンです!!
サイトアクセスするだけ、インストール不要で写真サイズも選べます。
機会がありましたら、お試しください。
 
※ソフトの使用については、全て自己責任でお願いいたします

【電子印鑑】

エクセルにとても便利な機能を追加できます。
 
苗字が4文字の方にも対応! 丸型、小判型の認印・データーネーム印・ビジネス印に対応した電子印鑑
 
動作環境
動作OS:Windows 8/7/Vista/XP/Me/2000/98
動作に必要なソフト:Excel2000/2002/2003/2007/2010/2013
 
アドインをインストールするだけでExcel 上部のタブに「印鑑」が追加され、認印、データネーム印、ビジネス印、ユーザー印の電子印鑑データを押印できます(右クリックでも使用可)
また、ユーザー印は自身で電子印を作成し画像を登録可能です。
  
自分は社内書類(Excel)の提出済みのデータに押印し、提出漏れのないようにしています。
電子印鑑は色々な方法で作成可能ですが、とても手軽で操作も簡単なので大変便利に活用させていただいております。
 
 注  意
  ※個人作成の電子印鑑はあくまで、認印・三文判になります。
  ※ ソフトのダウンロード、 及びソフトの使用については、全て自己責任でお願いいたします。
 

【シュレッダー】

株式会社サカエ [ShredGear] サービス技術研修受講しました
 
いつも何気なく使用しているシュレッダー
たまにお客様に購入していただいてるシュレッダー
壊れたらメーカー様に修理依頼のシュレッダー
イメージはこんな感じでした
 
実際に中を開けて見ると…
 機種(細断方法やモータの違い)によりカッタ部がガラッと変わる、また細断時の音も変わる
 なんだか新鮮で面白い。
 
講習内容がこちら
 ・基本構造…コントローラー・センサなどの設置部確認
 ・細断方式…カッタの種類・構造確認
 ・安全装置…設置場所や動作・機能確認
 ・分解方法…分解手順・注意事項
 ・故障診断…よくある故障や操作部の異常警告ランプ確認
 などなど、多くを学びました 。
 
今回の技術研修で、機種ごとの特徴や構造を知ることができ
いままでカタログスペックでしかご紹介ができなかったシュレッダーが
これからはお客様のご使用状況に応じた商品のご紹介ができるようになったと思います。
  
自信を持っておすすめできるシュレッダー
修理が自社で対応できるシュレッダー
イメージはこんな感じに変わりました
 

【画像挿入】

エクセルに画像挿入したとき、少し手間がかかると思った事ありませんか?
 
通常エクセルでの画像貼り付け方法
 ツールバーの「挿入」⇒「図」⇒「ファイルの場所」を探して、取り込みたい写真を選択し、
 右下の「挿入」をクリックすれば、画像が貼り付けられます
 
貼り付け画像が複数ある場合は1枚ごとに挿入しなければなりません
ワードなどは画像を直接ドラッグ&ドロップで挿入できるのに…
そんなときは
 
[概要と特徴]
 エクセルに画像をドラッグ&ドロップでセルにピッタリ貼り付けます。
  ・簡単な写真入り書類の作成が簡単、写真の貼り付け位置は自由設定できます
  ・エクセルにマクロは必要ありません
  ・インストール不要です
 ※VB6ランタイム必要(文字化けするのでインストールしてください) 
 
[画像を楽に貼り付けたい.exe]を起動させ、エクセルの画像挿入位置(セルを選択)
を指定し画像を[ここに画像を。]の部分にドラッグ&ドロップ
セルサイズを調整しておけば自動で画像サイズを調整してくれます
 
特に指定のエクセル書式で複数枚の画像を貼り付けたい時は、この「画像を楽に貼り付けたい」
というソフトがお勧めです
 
注 意 
※ ソフトのダウンロード、 及びソフトの使用については、全て自己責任でお願いいたします。
 

【開けないファイル】

お客様から開けないファイルがあるとの相談がありました
いつもは拡張子で検索かけてビューアー入れての作業ですが…
今回は検索しても???状態です
CD-Rの中には他に、DocuWorksバインダーファイルがあり
DocuWorks Viewer Light 7はインストール済みでバインダーは見れる状態
色々と調べてみると…
それはDocuWorks 8の新機能ファイルでした!!!
 
新しいフォーマット形式のDocuWorks入れ物 [拡張子:.xct]
 DocuWorksファイル以外の文書(Office文書やイメージファイル)も格納可能で、
 例えば図面などCADファイルや作業中のファイルをまとめて保管したり、
 表紙にコメントを付けて閲覧するなど新たな使い方として活用できます
 作業中の一次保管や、まとまった文書の受け渡しとして利用
 
こちらのファイルを開くには、DocuWorks Viewer Light 8をインストール
しなければ、見れませんのでご注意ください。

【文字変換】

お客様から前に使用していたパソコンのように文字変換途中で、[BackSpace]キー
を押せば変換前のひらがなに戻す設定にしたいとの相談です。
 例を挙げると
  以前のパソコン
   「きみしま」-[変換]キー→「君嶋」→ [BS]キー→「きみしま」
  新しいパソコン
   「きみしま」-[変換]キー→「君嶋」→ [BS]キー→「君」
 
Microsoft Office IME プロパティ「全般」タブの編集操作「変更」を押して
詳細プロパティを開き、「BackSpace」の「変換済み」項目を「前字削除」
→「文節戻し」に変更することで前のパソコンと同様の設定に戻せました。
 
自分は変換途中でひらがなに戻す時は(Esc)キー使用していたので、
全く気にしたことがなかったです…
 
本日も勉強になりました。

【Windows10を入手する】

皆さんのお使いのPCの「タスクトレイ」に、Windowsロゴの通知アイコンが出現
したという方が多いと思います。
2015年4月頃にWindowsUpdateの更新プログラムとして配布された、
[KB3035583]によってインストールされたものです。
 
・アップグレード希望の方
 【Windows10を入手する】アプリが表示されたPCは、基本的にWindows10
 に対応していて、アップグレードが可能であるということを示しています。
 アプリの機能には通知と予約また、PCチェック機能があります。
 基本的に「Windows 10を入手する」アプリが表示されているPCなら、
 「Windows 10はこのPCで動作します」と表示されると思いますが、
 デバイスやアプリの互換性に問題が検出される可能性がありますので、
 必ず確認して下さい。 
    ※アップグレード前にPCメーカーの対応状況等を必ずご確認下さい。
   ※アップグレードにより不具合や互換性等の問題の発生する恐れがありますので、全て自己責任でお願いします。 
 
・アップグレード不要の方
 アップグレードの予定がなく必要ない場合は、表示を消すことができます。
   1.まずは動いているプロセスを停止します
  タスクバーで右クリックメニュー⇒「タスクマネージャーの起動」⇒「プロセス」
  タブの[GWX.exe]を探し、選択して右下の「プロセス終了」でWindowsロゴの
  通知アイコンが消えます
 2.次にアップデートプログラムを完全にアンインストールしていきます
  「コントロールパネル」⇒「プログラムと機能」⇒「インストールされた
  更新プログラムを表示」一覧の中から[KB3035583]を選択し「アンインストール」 
 3.最後に再適用されないように設定します
  WindowsUpdateから重要な更新プログラムの中から[KB3035583]を右クリックから
  「更新プログラムの非表示」を選択し完了となります。
  ※管理者権限でのログインが必要となります。
 
2015年7月29日にリリース予定のWindows10はWindows7/8/8.1搭載PCからの
アップグレードが1年間無料提供予定なので、忘れないうちに自宅で使用している
WIN8.1PCをアップグレードして、まずは犠牲者になろうと考えています…
 

【Windows10】

2015/8/1 自宅のWIN8.1PC⇒WIN10へアップグレード
予約しましたがなかなかアップグレードされなかったので
手動でダウロード実行し、問題無くアップグレード完了
現在、自分のPCでは不具合等は今のところありません。
もう少し様子をみて、WIN7PCもアップグレードを予定しています。
 
自分の担当しているユーザー様にて、不具合の問い合わせが…
WIN7からのアップデートは正常に完了したがフォルダ内のフォルダ(2階層)
を開くと必ずフリーズしてしまいデスクトップ画面に戻ってしまう不具合!!
原因はエクスプローラーの[ナビゲーションの開始]のサウンドをナシ
に変更することで解決できました。
また、アップグレードしたけど戻したいという問い合わせもありました
のでご参考にして下さい。
 
無償アップグレード前のOSに戻したい方は下記の方法にて復元可能です。 
(※無償アップグレード後から31日以内)
 1.[スタート]から[設定]を開きます
 2.[更新とセキュリティ]を開き[回復]をクリック
 3.Windows(元のOS)に戻すの項目が表示され[開始する]をクリック
 4.後はナビゲーションの指示に従い注意事項を読み[次へ]…で進み復元します
アップグレードは数時間もかかりますが、戻すのは数十分で戻ります。
 注 意 事 項
 ※ アップデート後の操作やPCの状態によりエラーやOS起動できなくなる場合がありますので、全て自己責任でお願いします。

【外出先でPCメール】

携帯端末は起動が早く、ちょっと見たい、調べたい時には大変便利な端末です
外出先でメール確認は今や当たり前の時代になってきています
 
さて最近、お客様よりタブレットやスマホで会社のPCメールが見たいとの
相談が多くなってきていますので、わかりやすいURL貼り付けしておきます
 
参考にした記事はコチラ↓↓
注意事項
1.設定の際は、会社で使用しているメール設定情報が必要です
2.必ずサーバに受信メールのコピーを残す設定にしてください
3.OSのバージョンや機種により設定方法の違いがある場合があります 
 
自分はAndroidに自宅PCのメールアドレスを設定して、快適なスマホライフを送っております

【不審なメールにご注意ください】

今月に不審なメール2件受信
この不審メールの件名・差出人・メール本文および添付ファイルの特徴は以下のとおりです。
 
10/9   某メーカー複合機からの電子メール送信を装ったメール
件名     :Message from "○○○0026738E40D2
差出人    :○○○0026738E40D2@(ドメイン名)
メール本文  :「このメールは『○○○0026738E40D2』から送信されたものです。」
添付ファイル :20151007112034511.doc
 
10/27 某会社名を名乗った架空請求メール
件名     :タンケンー請求書(小)の件です。
差出人    :新○勇○
メール本文  :「会社署名のみ」
添付ファイル :10280.doc
 
両方とも不正マクロを含んだ Word文書ファイルが添付されていて
狙いはネットバンキングのようです。
詳細は参考URL(トレンドマイクロセキュリティブログ)をご確認下さい。
 複合機からのメール http://blog.trendmicro.co.jp/archives/12343
 架空請求メール   http://blog.trendmicro.co.jp/archives/12415
  
万一、身に覚えの無い不審なメールを受信された際は、
添付ファイルを開いたり実行したりしないようご注意下さい。

【インターネットを開くと…】

先週から問い合わせが多数きております。

2015年11月のWindowsUpdate適用後にインターネット(Internet Explorer)を開くと

セキュリティダイヤログが表示される現象が発生しております。

下記の名前と発行元のダイアログについては「許可する」を選択して問題ありません。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 Webサイトで、このプログラムを使ってWebコンテンツを開こうとしています

 名 前 : Microsoft Office IME 2010                 

 発行元 : Microsoft Corpration                                                         

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[今後、このプログラムに関する警告を表示しない(S)]を有効にして
[許可する(A)]をクリックしてください。
Internet Explorerを×で閉じて、もう一度開きなおして下さい。
 
上記手順にて次回以降起動時にダイヤログは表示されません。

【またまた…】

2015年12月のWindowsUpdate適用後にOutlookを開くと

セーフモードで起動してしまう現象が…

 

原因は「KB3114409」に不具合があった為起こる現象のようです
対処方法として上記ファイルの削除方法を記載します
 
【Windows7の場合】
 ① スタート>コントロールパネル>プログラムのアンインストール と開きます
 ② インストールされた更新プログラムを表示と開きます
 ③ [KB3114409] を探して右クリックから、アンインストールします
  ※現在は原因の「KB3114409」の配信は止まっています
 
最近、第二水曜後の数日は問い合わせが多い気がしております… 
遅くなりましたが、多数の問合せがあったので自分メモとして記しておきます。
2018年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 修理のみ対応
0
4
1
5
1
2
株式会社キミシマ
〒053-0031
北海道苫小牧市春日町1丁目
3番3号
TEL:0144-32-6511
FAX:0144-32-6525